ズバリ!答えます!一番お得なガソリンスタンドのカード

 

日常生活にも便利なガソリンカード

種類がたくさんあるクレジットカード。

ガソリンカードもクレジットカードの一つのジャンルである以上、この競争過多の中でその特性を生かしてきちんと使ってもらうために、様々な工夫をするようになっています。

ガソリンカードの「特性」といえばやはり「ガソリン購入時にお得!」ということに尽きるでしょう。最近は特にガソリンの値段も上がっているので、1円でも単価を安くしたいというのはドライバーの切実な願いになります。

特に仕事などで車を利用しているヘビーユーザーにとっては確実に必要なコストを押さえる基本のワザと言えるでしょう。

一律で定価の1〜2円の「会員価格」での提供をうける形のカードもありますし、それまでの利用金額に応じて値引率が上がっていくものもあります。

また、高価なハイオクガソリンに特化して値引率が高いサービスのあるカードもあります。

ただし、そこに至るまでの最低利用額などが決まっていることが多く、毎月の利用が一定額で見込まれている場合でないと適用されないことも多いので注意が必要です。

またそのカードを使ってのクレジット支払いをすることで毎月数千円〜数万円の支払いが行なわれ、それがクレジットカードのポイント付与に繋がることになります。

これが意外と侮れなく、数年経つとかなりのポイントが貯まります。もちろん普通のクレジットカードとしての機能があるので、これで公共料金やショッピングなどの支払いを集約させれば1年でもかなりの還元が期待できるといえるでしょう。

これはガソリンカードに限ったことではないですが、クレジットカードを上手に使うとまず家計を自分でしっかり把握することが出来るようになります。

日用品は現金で払うとしてもそれ以外の公共料金などをそのカードに集めることで月々の支出の流れをつかむことが出来るようになります。

また、提携している信販会社の特典も受けられますので、キャンペーンに参加することができたり、提携しているお店での割引サービスなどの優待があることも。

また、ガソリンカードの中には車に関連していると言うこともあり、ETC機能を持たせたカードも少なくありません。

前述の通り、競争の厳しい中では本来は有償であるETCカードの年会費が一定の条件を満たすことで無料になるものもいくつかあります。

車に乗る生活をしているのであればガソリンカードは必携。どうせ持つのであれば、ただガソリンを安く買うだけではなく、一緒についてくるやETCカードへの優待やクレジットカードなどのメリットをより有利で役に立つように活用することで家計を助けるように上手に日常生活に上手に取り込んでいくようになるといいかもしれません。

主要なガソリンカードとは?

ガソリンカードを持ちたいと思ってもあまりの種類の多さに目移りしてしまいますね。そこでここではあらためて主要なカードを紹介していきたいと思います。

やはり一番の主流は石油会社が発行しているカードでしょうか。ENEOSカード、コスモ・ザ・カ−ド・オ−パス、出光カード各種、JOMOカードなどなど・・・。

一番の特典はやはりガソリン代が安くなる点でしょうか。近所にいつも行くお店などがあればそのお店のカードはぜひ持ちたいものです。その中でも人気があるのはENEOSカード。

人気の秘密は年会費にあります。基本的には初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は必要となります。

ただし、家族会員は無料ですし、1回でもエネオスカードを使用した実績があれば無料となります。つまり、定期的にカードを利用するだけで実質無料のカードとなります。

もちろんクレジット機能もついていますし、1ヶ月のカード使用料金によってガソリンの割引金額も変わります。

7万円以上使うと最大7円/1リットル当たりまでの割引になります。これはすごく助かりますね。

大きな買い物をするのにあわせて給油するなどの作戦を練ることでお得度が大分変わってきます。上手に使いたいものです。ETCカードだって、無料で作ることができるので良い機能全部載せ!の一枚と言えるのでしょう。

信販会社系のJCBドライバーズプラスカードも注目です。年会費に関してはやはり信販会社なので最初の1年、ネットでのお申し込みに関しては無料ですが、それ以外は1,312円の料金が発生しますが、様々なところでキャッシュバックなどが適用されたり、なによりENEOSカードですとスタンドが決まってしまいますが、これならばお店を選ぶことなくお得に給油することが出来ます。

また、クレジットカードでのお得な特典もたくさんついているので、ある程度車に乗る頻度が高く、クレジットカードを持ちたい!と思っているのであればこのカードはおススメの一枚と言えるでしょう。

例えば保険会社などとも提携しているので、そうしたものも一緒に利用したり、料金もクレジット決済などをすれば、単にガソリンを入れるだけではなく、使用範囲は広がりますし、例えば信販会社の中にはポイント制度を導入しているところも多いのでポイントがどんどん貯まる仕掛けになっています。

それ以外にもクレジットカードの機能や石油会社ならではの特典を持ったガソリンカードが多数出回っています。

様々な比較サイトもありますので、上手に使って自分のライフスタイルにあったカードを選択するのがよいでしょう。

こうしたカードを賢く利用してこれからも充実したカーライフを満喫できるようにしたいものです。